<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 何度でも立ち上がれ | TOP | 非常時における「強者」と「弱者」 >>

2011.03.31 Thursday

DQNネームの陥穽

JUGEMテーマ:日記・一般

世歩玲(せふれ)、亜成(あなる)、麻楽(まら)、愛子エンジェル(あいこえんじぇる)、麻理緒音都(まりおねっと) 、大波小波(おおなみこなみ)、芹安奴(せりあんぬ) …これらは一体何でしょう?キャバクラ嬢か暴走族の名前じゃありません。ほかならぬ人間の名前、親が愛する我が子につけた名前、いわゆるDQN(ドキュン)ネームというやつである。

一体なぜ今の親たちはこのような名前を子供につけているのか、全く理解不能であるが、「DQNネーム」ではなく「キラキラネーム」などと呼称しており、当の親たちは「個性的で素晴らしい」などと思い、逆に普通の名前を忌避し、没個性的などと侮蔑すらしているらしい。「個性とは大多数の中の一人」だから意味を持つのであって、皆がこんな名前になってしまっては、「個性の理解」そのものも浅はかと言う他ない。それ以前に、読みづらくて生活に支障を来していないのだろうか?学校の先生は全員の名簿に読み仮名を振らなきゃいけないだろう。「国際化の時代だから外人ぽい名前を」「外人に呼んでもらいやすいように」などといった声もあるが、生活の大半を日本国内で送ることになるのに、なぜ「対外国人」を優先させる必要があるのか?それに外国人からすれば、「日本人らしい名前」をやっぱり好むようである。世界から評価されている日本人の名前が「イチロー」であることをお忘れか?

ドキュンじゃなくてキラキラ

DQN親たちは、子供を可愛がっていることには違いないのだろうが、どうもペットかマスコットのように扱っているのではないか?子供がその名前を一生涯背負い、(恐らくは)自分が死んだ後も生きていくだろう事を想像しているだろうか?「個性的」な名前をつけたからといって、その子供が個性的になることはない。逆に、平凡な名前であっても、その人が何を成したかによって、名前の重みというのも変わるのである。「イチロー」の例を挙げるまでもなく、わかることだと思う。

じゃあどんな名前をつけるのが適当なのか?私が思う1つの案は、「受け継がれゆく名前」である。例えば母親が「美佳」なら娘は「佳代」である。「新しきもの」であると同時に、「親の一部を受け継いでいく存在」であれば、そうそうDQNな名前にはならないだろうし、家族としての一体感も醸成されるだろうと思っている。単に昔に戻るという意味ではないが、これからの日本を再生する力になると信じたい。


19:13 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.moriokatakeru.com/trackback/958214

トラックバック

▲top