<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 情熱の時代 | TOP | ソラトビ劇場開幕!!! >>

2009.06.13 Saturday

三拾にして起つ!!

☆年を重ねたからといって、別段変わることもない。どこまでいっても自分は自分で、それ以上でもそれ以下でもない。自分と誰かを比べたり、つまらぬ見栄にこだわるのは愚かなことだと思う。自分が何をすればいいのか、どう生きればいいのかがわかっているんだから、何も恐れることなどないのだ。

三拾にして起つ!!

それにしても、一昔前の30才は、今よりも確実に大人っぽかったと思うのだが、やはりそれは「社会」のあり方そのものが変わっているんだと思う。そこを斟酌せずに「俺たちの若い頃は…」などとニートに説教する中高年は、「社会」が常に変わらないという前提で生きているんだろう。一昔前の30才と今の30才でも、その内実は全然違うし、「昔の若者は」などと言い出せば、「昔は15で元服だった」という話にだってなってしまう。若者のバイタリティが減退し、草食系などという言葉が跋扈しているが、今の中高年が仮にこの時代に若者だったら、ニートになっていた可能性は多いにあるし、逆に今のニートが仮に一昔前に生まれていたら、マトモな社会人になっていた可能性もまた多いにあるはずだ。

「社会」は常に変化し、その中でその年齢の持つ意味もまた常に変化する。詳述はしないが、様々な国内的要因、国際的要因によって、特にこれからの時代はよりその変化が顕著になるだろう。だから成人年齢選挙権を与える年齢も、確実に引き上げるべきだと思うのだが、みなさまはどうお考えでしょう??

14:53 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.moriokatakeru.com/trackback/883561

トラックバック

▲top