<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 桜の花、舞い上がる道を | TOP | 裸の王様 >>

2009.04.19 Sunday

「大ニンゲン展」を観て感じたこと

大ニンゲン展

ソラトビヨリst.渾身の舞台、「大ニンゲン展」を観劇してきた。再演ということではあるが、ストーリーも演出も前回より感動的なものになっており、そして何より役者の熱気とそのボルテージの高さに圧倒された。今回もアンケートを書けず申し訳なかったのであるが、それはあまりに圧倒されて感想をどう言って良いのか、すぐには言葉が出てこないからである。

会場ウエストエンドスタジオにて

ソラトビヨリの公演はいつもそうであるが、観た後本当に胸のすく思いがし、前向きな気持になれる。今回もフライヤーパンフレットデザインで関わらせていただくことができ、本当に光栄です。前回の「大ニンゲン展」でも感じたが、これを観て「人間というのは "見えない力" によって生かされているのだ」と改めて思った。今後のご活躍も楽しみにしてます☆

17:26 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.moriokatakeru.com/trackback/839559

トラックバック

▲top