<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 小室哲哉の時代 | TOP | 桜の花、舞い上がる道を >>

2009.03.31 Tuesday

天才☆マリブみかん

「マリブみかん」というイラストレーターがいて、その作品から多く刺激を受けさせてもらっている。どちらかというとユルい感じの作風で、そこはモリオ・カ・タケルとは違うようにも思うが、デフォルメ化されたキャラという点では共通するものも感じる。(また、自分の昔の作風とも少し近いようにも感じる)

みかんねこ

これはマリブみかんの描いたオリジナルキャラ「みかんねこ」イリオモテヤマネコをモチーフとしているそうで、耳が丸く、かわいらしいのだ☆あとやはり目がすごい。こんな目を描きたいよなと思う。色使いも素晴らしい。

人は何かと自分と近い者同士ツルんでしまうもので、当然その方が楽ではあるのだが、ともすればそれは閉鎖的・仲良しクラブ的になる。だから「自分とは違う」とわかっていても、あえてそこで言葉を交し合うことによって、思考も柔軟になり、また、自分に足りないところが見えてきたり、といったこともあるのだと思っている。

だから、創作においても単純に誰が誰より上、といったことではなく、一見自分とは遠いようなものからも様々影響を受けたりして、その人独自のスタイルを確立できるかが本当に大切なんだろうと思う。人気投票のシールで作品の優劣は決めるべきではないし、もっと言えば仕事一般についてもそれは言えると思っている。我々は機械の部品でもなければ、ニンジンを吊るされた馬車馬でもないからだ。

北朝鮮は戦前の日本と同じではない

さて、またしても北朝鮮ミサイルを打とうとしているが、こういう話題が出ると、必ず「戦前の日本も同じだった」的な話がまことしやかにささやかれ出す。しかし戦時下ですら政権交代のあった日本のどこにあのようなキチガイじみた独裁体制があったというのか。「同じ」だというなら、どこがどう同じなのか説明してくんさいという感じである。自分は日本人であり新潟県人でもあるので、特に拉致は人事には思えない。絶対にミサイル止めてくれよ、麻生太郎!!

01:33 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.moriokatakeru.com/trackback/813734

トラックバック

▲top